タクシードライバーの給料・年収はどれぐらいか?

タクシードライバーの給料が安いということは世の中に知られています。

ところが、タクシードライバーの給料は完全に歩合給なので、年収で見ると300万円の人もいれば600万円の人もいるのです。

年収が300万円であれば、世の中的には

 「低い!」

と思う人が多いでしょう。

ところが、年収が600万円となると、

 「えっ!そんなにもらえるの?」

どうでしょうか?

ちなみに、平成27年度の「東京都全産業男性労働者」の平均年収は692万円です。

この数字と比べてみると、年収600万円は決して多い収入ではないのですが、普通のサラリーマンと比べても遜色のない金額だと思います。しかも、20代、30代の人の年収であれば、遜色のない金額どころか、かなりいい金額です。

そこで、このページでは、タクシードライバーの給料・年収についてお話しします。

これからタクシードライバーの仕事をしたいと思っている人にとっては、給料のことがいちばん重要な問題だと思いますので、このページではできるだけ現実的なお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

東京都タクシードライバーの平均年収

平成27年度の東京都タクシードライバーの

平均年収は393万円です。

平成25年度の平均年収は403万円でしたが、2年間で10万円ほど減少しています。

(出典:東京ハイヤータクシー協会「東京のタクシー2016」)

393万円を単純に12で割ると約32万7千円です。

平成27年度の東京都タクシードライバーの毎月収入は、約32万7千円前後になります。

ただし、この毎月の給与の中には賞与分も含まれていると思われます。

タクシードライバーの給料・賞与の計算方法

タクシードライバーも昔は固定給があった

最初にお話をした通り、現在ではタクシードライバーの給料はほとんどが完全歩合制です。

「現在は」と言ったのは、以前は違ったからです。

タクシー業界の給与体系も、平成5年ごろまでは一般の企業と同じでした。給料は「固定給+歩合給」、賞与が年間「〇〇〇万円」という感じです。この頃までは、固定給部分が厚く年功序列的な色合いも強かったそうです。

タクシー業界では、このように、給料が「固定給+歩合給」、賞与が年間「〇〇〇万円」という給与体系を、「A型賃金」と呼んでいます。

バブル崩壊後に歩合給に転換

ところが、日本経済がバブルが崩壊をさかいに大きく後退し、タクシー会社の業績も大幅に悪化した平成5年以降、タクシードライバーの給料は完全歩合制へと大きく転換しました。

歩合給では仕事をしない人には少ない給料しか払いません。つまりタクシー会社の収益構造が改善したのです。もっと言うと会社は損をしなくなったということです。

この時期以降でも、一部のタクシー会社は形式上「固定給+歩合給」の形をとっているのですが、固定給の部分が極端に低く設定されているので、実質的には「完全歩合制」と変わりがなくなりました。

この、「完全歩合給」と固定給部分が極端に低い「固定給+歩合給」を、タクシー業界では「B型賃金」と呼んでいます。さらに、「B型賃金」の給料の一部を、何ヶ月分か会社が支払いを留保して、後からその分をまとめて「賞与」という名目で支払う形態を、タクシー業界では「AB型賃金」と呼んでいます。

現在では、東京のタクシー会社は、ほとんどがこの「AB型賃金」の形態で給料を支払っています。

タクシー会社の「AB型賃金」の給料算出方法

東京のタクシー会社では、月間の売上げの約60%がタクシードライバーの給料として支払われています。※給与規定や算出方法は会社によって大きく異なります。

例えば、1日平均の売上げが5万円(消費税分を除く)のタクシードライバーが月に12出番の仕事をすると、月間の売上げは「5万円×12出番=60万円」になります。

この月間売上げの約60%、つまり「60万円×60%=36万円」が1ヶ月の給料の金額になります。

そして、年収は「36万円×12ヶ月=432万円」となります。

タクシー会社の「AB型賃金」の賞与算出方法

先ほどお話をした通り、現在東京のほとんどのタクシー会社は「AB型賃金」を採用しています。

その場合の「賞与」の算出方法は、次のとおりになります。

例えば、1日平均売上げが5万円で、歩合率の60%のうち、55%分を月の給料として支払い、5%分を賞与として支払うとします。

その場合、月間の売上げは「5万円×12=60万円」。月の給料は売上げの55%なので「60万円×55%=33万円」。賞与分として会社に積み立てられる金額は、「60万円×5%=3万円」となります。

賞与の支払い月は会社によって違うのですが、多いのは次のようなケースです。

  • 7月支払い:3月・4月・5月・6月の4ヶ月分=12万円
  • 12月支払い:7月・8月・9月・10月・11月の5ヶ月分=15万円
  • 3月支払い:12月・1月・2月の3ヶ月分=9万円
  • 賞与合計:12万円+15万円+9万円=36万円

このように、賞与は合計36万円が、7月に12万円、12月に15万円、3月9万円と、年3回に分けて支払われます。

タクシードライバーはいくら位まで稼げるのか

タクシードライバーの拘束時間と走行距離

タクシードライバーの給料は歩合制なので

「頑張れば頑張るほど給料が多くなる!」

というのは間違いではないのですが、実は青天井で給料がもらえるわけではありません

その理由は、タクシードライバーには仕事を行う時に、いろいろと守らなければいけない規制があるからです。

その中で、売上げに大きく影響するのは、「拘束時間」と「走行距離」です。

※「拘束時間」とはタクシードライバーにだけ存在する概念です。始業時刻から終業時刻までの時間で、労働時間と休憩時間(仮眠も含む)の合計時間のことを言います。

隔日勤務のドライバーの「拘束時間」は、厚生労働省からの指導で、1ヶ月262時間までと決められています。※ただし労使協定で1年のうち6ヶ月間だけは270時間まで延長できます。

262時間をを12日で割ると1回の出番の拘束時間は最長で21時間です。

つまり、朝7時から仕事を始めるタクシードライバーは、翌朝4時までが最大の勤務時間になります。

次に「走行距離」ですが、これは行政から1出番あたり365kmまでと制限を付けられています。(高速道路の走行距離は除かれます)

つまり、1ヶ月12出番(月によっては13出番の時もあります)、1出番あたり21時間、走行距離365kmの範囲でしか仕事が出来ないのです。

タクシードライバーの1日の売上げ

東京のタクシードライバーの1日あたりの平均売上げは約4万7千円です

日々の売上げは、その日が何月なのか、何曜日か、天候はどうか、月の初めか終わりかなどで大きく違ってくるのでなんとも言えないのですが、およそ3万円から8万円の中に納まります。

日々の売上げだけ見れば、8万円できる人は全体の1%から2%、7万円出来る人は全体の5%前後ではないでしょうか。

私も年に1~2回は1日に8万円できる日があります。

最近は、1日に9万円、10万円を売り上げる人はほとんどいません。たまに奇跡的に9万円、10万円を売り上げる人が出る位です。

これが月平均となると、営業所でトップの人でも7万円台です。私の会社では月平均で8万円出来る人はほとんどいません。

私は月平均5万円しかできませんが、順位でいくと上から30%前後のところにいます。平凡な私でも5万円なら何とかコンスタントにできる手ごたえがあります。

私と同じぐらいのキャリアの人では、月平均で6万円を超える人が何人もいます。ですから、頑張れば月平均で5万5千円、さらに頑張れば、月平均6万円は十分に狙える金額です。

タクシードライバーの現実的な給料と年収

例えば、給料の歩合が55%、賞与が5%の会社があるとしたら

月平均売上げが5万円の場合:1ヶ月の給料33万円 年間賞与36万円 年収432万円
月平均売上げが5.5万円の場合:1ヶ月の給料36.3万円 年間賞与36.6万円 年収472万円
月平均売上げが6万円の場合:1ヶ月の給料39.6万円 年間賞与43.2万円 年収518万円

このあたりの数字が、現実的な収入のような気がします。

これからタクシードライバーになる人の目標金額

これからタクシーの仕事を始める人も、最初はかなり苦労をしますが、1年後には月平均で4万5千円から5万円は出来るようになると思います。

月平均5万円という数字は、本当に平凡な私でもできているので、まじめにコツコツと仕事を積み上げていけば、決して出来ない売上げではありません。

ただし、この月平均5万円から月平均6万円に増やすのが少々大変です。

ここから売上げを伸ばせるかどうかは、個人の努力に加えて営業のセンスが必要になってきます。残念ながら、私はなかなか出来ないでいます。

だだし、仕事の才能がある方は、入社して6ヶ月位で月平均6万円を軽々と超えて、1年後には7万円という営業所トップクラスの売上げを達成しているので、実際に仕事を始めてみないことにはなんともわかりません。

とりあえずの目標は「月平均5万円達成!」がいいかな、と思っています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローする